衣装コンテスト

ハロウィンパーティーの時に行った衣装コンテストの影響で「自分のお洋服もつくってみたい」と声が上がってきました。みんなの前で衣装を披露するファッションショーと一順位を決めるコンテストに分かれチームでも個人でもそれぞれが自分たちの衣装を一生懸命作る姿が見られました。本番では自分たちの衣装を堂々と見せる姿、恥ずかしながらも「素敵!」「かわいい!」「かっこいい!」と声をかけられると嬉しそうにする姿など様々な子どもの反応が見られました。出ていない友達も一緒になって盛り上がったり声援を送ったりと楽しめていました♡ 結果発表の時1位になれなくて悔し涙を流す子、うれし涙を流す子などそれぞれが衣装コンテストに対して全力で取り組めていたんだと感じました。

自分の「着たい」「なりたい」を描きだし形にしていきます。

ぶどう組の子どもたちも、年上の子が作る鬼滅の刃の衣装を真似て、自分たちなりに作り、身に着けると、そのキャラクターになりきって遊んでいます。

舞台裏で着替えて準備をしています。「いつ出るの?」「どきどきする~」といった声が聞こえ、ファッションショーが始まるのを今か今かと緊張しながら待つ子どもたち。

ファッションショーの後は、お客さんで見ていたお友達や先生に投票してもらいました。

りんご組のお友達にも投票してもらいました♪

票が集まり、ついに結果発表!

一生懸命取り組んだからこそ、「やったー!」と喜んだり、悔しい思いをしている子の姿も見られました。悔しがっているお友達に「でも頑張って作ったんだからみんな優勝だよ♪」とみんなで頑張ったことを認め合うような言葉を子ども同士で掛け合っている姿も見られました☆