畑・野菜

りんご組ではきゅうり・なす・ミニトマトを、ぶどう・くるみ・びわ組ではきゅうり・なす・ミニトマト・枝豆・ピーマンを育てました。りんご組の子どもたちは製作で作った自分専用のじょうろを使って毎日水やりをしました!お世話を続けて実った野菜を収穫し、餃子の皮の上にナスやピーマンをトッピングしてピザを作って食べました^^普段はいやだな…と思ってしまう野菜も自分たちで育てた野菜は不思議と食べられるようです♡ ぶどう・くるみ・びわ組の畑では、今年きゅうりがたくさん収穫できました!子どもたちのだいすきな塩もみにしたり、みそやマヨネーズを合わせてみそマヨネーズをつけたりして食べました! それでも食べきれず、余ったらもったいないね…と子どもたちと話し合った結果、みんなで育てた野菜を保育園で販売しよう!ということになりました。自分たちで育てた野菜が売り物になって、保護者の方たちに買ってもらえる喜びを感じながら、お店の定員さんになりきる子どもたち♫野菜の栽培や、販売を通して、食べられることの喜びや楽しさなどを感じ、食べ物への興味や関心が広がっていったように感じます。

毎日水をあげて立派に育ったなすを収穫し、切っています。

ピザ作り☆

焼き上がりを楽しみに待っています♪

大切に育てた野菜を食べて大満足でした^^

きゅうり

なす

ミニトマト

びわ組の子どもたちが近所で野菜を育てている畑を見に行き、どうしたらカラスや鳥から野菜を守れるのか、、、?ということをみんなで話し合いました。

「まだ芽が出てないね」「もうすぐかな?」と気にしながら水やりを続けていき、、、

「芽が出てるよ!」

一人が気付くと近くにいた子も集まってきて、みんなで枝豆の芽の様子を覗いています。

きゅうりのつるが伸びてきたら、支柱につるを巻き付ける作業。

追加できゅうりの苗を買いに農協へ!

立派な葉っぱが生えている苗を選びます。

「お金を支払って買う」という体験ができました。

ついに大きなきゅうりを収穫!!

食べれる大きさまで成長しているなすをみんなで探しています。食べごろの大きさが分かってくると、「これはもう少し大きくなるのを待とう」などの声も聞こえてきました。育てていく中で、観察力を身につけ、いろんなことを学んでいる子どもたちです。