霜柱に“こんにちは”

新年を迎え寒さは日に日に強さを増しているように感じます。

幸い雪が降るまでには至っていませんが、外の様子を見ると確かな変化を感じることができます。

園内を歩いているとあちらこちらに霜柱が見られるようになりました。
新年を迎え寒さは日に日に強さを増しているように感じます。   幸い雪が降るまでには至っていませんが、外の様子を見ると 確かな変化を感じることができます。   園内を歩いているとあちらこちらに霜柱が見られるようになりました。

地中の水分があまりの寒さに凍り付いてしまったようです。

  この時の力がすごいもので、押し上げられた地面が普段より
こんもりと盛り上がっていることも珍しくありません。

  手に取って見てみます。

写真に撮ってみると迫力がありますね。

毎年のことではありますが、この時期ならではの光景ですから子どもたちにも是非霜柱の観察をしてほしいと思います。

余談ですが砂場周りの遊具「スターランド」の赤い滑り台は冬になると“あせっかき”になります。
そしてこの時期の寒さになると、汗の正体である霜が姿を見せてくれます。

 

霜は空気中の水蒸気が凍ったものなので、霜柱とは少し生まれが異なりますね。

 

そのままだと溶けてびしょびしょになってしまうので、雑巾で拭いてみると真っ白になってしまいました。

 

まるで雪が降ったようですが、本物の雪が降るのはいつになるでしょうか。

ワクワクしてその日を待つ子どもたちと、ハラハラしながらその日が来ないことを願う大人たちの様子が対照的な今日此の頃です。