遠足と避難訓練

運動会が終わってほっと一息をついたところで、次のビッグイベント「遠足」に行ってきました。
15日には年長さんが東松山の「こども動物自然公園」へ 19日には年少中さんが加須の「むさしの村」へ 両日とも日差しが暑いくらいの良い天気の中、子どもたちは日頃の保育では味わえない体験をしてきました。

  当日は、童謡「バスごっこ」でおなじみの大型バスが駐車場にやってくるのを今か今かと待ちわびていた子どもたち。 毎日園バスに乗っている子どもたちもいつもより大きいバスを見て喜んでいました。

午前中にキリン、馬、コアラ、カンガルー、ワラビ―、カピバラ他多くの動物を見学しました。
けっこうな距離を歩きましたが、子どもたちはいたって元気!
一人ひとり違う視点をもって楽しんでいるようでした。 芝生の上でお弁当を食べた後は、ふれあいコーナーへ。
さまざまな動物たちを肌で感じることができるこの時間は、特に印象深かったようです。

    さて、年少中さんも「むさしの村」で3つの乗り物と動物たちとの触れ合いを楽しんできました。

あひるやダンボ(?)、それからSLにも乗りましたね。
どれが、お気に入りだったかな?
順調にアトラクションを楽しめたので、お弁当の時間もたっぷり確保できて良かったです。
食後は広い芝生の上で、いくつかのグループに分かれて思い思いに遊んでいる様子が印象的でした。
午後は、わんぱくの森で遊んだり、ふれあい広場で動物と交流をしてきました。 途中飼育員さんがヤギの散歩に来たものだから、そのヤギと長いこと触れ合ってたお友だちもいましたね。

    さて、運動会に遠足と大きなイベントが終わったところですが、月末には避難訓練も行われました。

今回は火災を想定した訓練でした。
消防士さんたちの指導の下、職員はそれぞれの役割に分かれて対応しました。
子どもたちも先生のお話をきちんと聞いて、スムーズに園庭に避難することができましたね。
避難後は、今年から入った先生の消火訓練を行い、そのあとは子どもたちお待ちかねの消防車&救急車の登場。
「これはなーに?」「どうして?」と興味津々の子どもたちは、消防士さんからいろいろ教えてもらっていました。 もしかしたら、話しを聞いていた子どもたちの中に未来の消防士さんがいるかもしれませんね。
最後には「ありがとうございました」と手作りのお花をプレゼント。 消防士さんたちは笑顔を浮かべて颯爽と去っていきました。

    さて、11月にはまた大きなイベント「作品展・模擬店」があります。
運動会とはまた違った角度から子どもたちの成長を感じることができる機会かと思いますので、ぜひご家族を誘ってご来園ください。