春の花を撮ってみました

毎年春になると、正門前の桜をはじめ園内のあちらこちらで鮮やかな色をした花が咲いているのが見られます。

もともと草花には詳しくないのですが、いろんな人に名前を聞きながら写真に収めました。
せっかくですのでときわの春の花たちを少しだけ紹介させてください。

・はなみずき(中庭) 
園庭には白いはなみずきも植えてあります。
一昔前に一青窈が歌ってましたね。ドライブしてると街路樹としてもけっこう植えられているのに気づきます。

・オトメツバキ(中庭) 
ツバキっていうとシャンプーのイメージが強いのですが、花はどっしりとしていますね。
サザンカとよく似ているけれど、花弁が丸ごと落ちるのがツバキの特徴らしいです。

  

・モクレン
肉厚で大きい花びら。
裏門そばに近縁種のハクモクレンがあり、白い花が卒業シーズンに咲くのですが、夏くらいになると毎年アスパラみたいなものが大量に落ちてきます。調べてみたらハクモクレンの“めしべ”みたいですね。

 

・桜(正門脇)
ほとんど花びらも落ちてしまい、残りわずかな様子。
今はもう葉っぱだけになっていますので、また来年みごとな花を咲かせてくれるのを待っています。

次回の記事につづく。