夏期保育のスイカ割り

今年は工事の関係で例年とは違い、夏期保育が8月末にずれこみました。
それでも欠かせないのはやっぱりスイカ割り!
これをやらずに2学期を迎える気がしません。

スイカ割りの前日にお店へモノをとりに行くと、どうやら時期がずれたことで今年のスイカは去年と比べてちょっと小ぶりとの説明が。
なので食べる用のスイカは一番大きいやつを頼んだのですが、それだと少しだけ多かったみたいですね。
足りないよりは良かったのですが・・・うーん、ちょうどいい量というのはなかなか難しいです。

年少さんには担任の先生が後ろから手伝ってあげていましたね。
それに対して年中さんと年長さんは目隠しで挑戦!!
うまくスイカに当てられた子、少し横にずれてしまった子、クリーンヒットして真っ二つに割った子などそれぞれの様子でしたが、なんにしても最後はみんなおいしく食べれたみたいで安心しました。
食欲旺盛な子は「これで何回目だろう」と思うくらいおかわりしていましたが、あとでお腹は大丈夫だったんでしょうか・・・それだけが心配な3日間でした。