ときわ名物“八重桜”

前回の記事でいくつか春の花を紹介しましたが、この時期もっとも存在感を発揮するのは園庭西側に並ぶ八重桜です。  

・まだつぼみが多い様子

・通常の桜よりもボリュームがあります

・園庭西側にずらっと並び一面ピンクに染めます

・風の強い日には花びらが園庭に積もります ときどき地面の花びらを風が持ち上げて、くるくる~っと小さいピンクの竜巻ができてきれいです。

・ある日の降園時間
子どもたちは宙を舞う花びらを捕まえたり、地面の花びらを集めてバサーっと桜の雨を降らせたりとおおはしゃぎ。
お母さんたちもなかなか帰れなかったのではないでしょうか。

*****************************************

八重桜の唯一の難点は、なにせ量が多いので道路まで多くの花びらが飛んでしまうことでしょうか。
ご近所の方々にはご迷惑をおかけしております。
また、お掃除をしてくださる先生方も本当にありがとうございます。


もうすぐ八重桜のシーズンも終わり、いよいよ夏が近づいてきます。
草花はもちろん、これからいろいろな虫が出てきます。
すでに裏門付近には黒い飛行虫が大量発生していますが、どうやら『ハグロケバエ』という虫みたいです。
メスが花粉を求めてるようで、特に人を刺したりはしないようですね。内心ほっとしています。

毎日のようにいろんな発見がありますが、子どもと共に日々勉強・・・またなにか見つけたら「ときわ通信」を通して報告したいと思っています。